03-3914-7333

王子駅より徒歩

肛門外科

肛門外科とは

肛門外科画像

当診療科はお尻、なかでも肛門付近でみられるとされる症状(痛み、かゆみ、出血、できもの など)やトラブルなどを中心に診療を行います。

肛門外科を受診される方の中で、よく見受けられるのは痔の症状を訴えて来院される方ですが、一口に痔と言いましても、その種類は代表的なものだけでも痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(あな痔)があります。痔の症状がみられる場合は、まず診察時に医師がその程度を確認し、その際に外科的治療が必要と判断すれば、当クリニックにおいて日帰り手術(注射療法 など)を行います。また、入院しての手術(痔の切除 など)が必要という場合は、当クリニックの提携先でもある総合病院や専門の医療機関をご紹介します。

なお、お尻に何らかの症状がみられたとしても、恥ずかしいという思いからなかなか相談しにくいという方も多いかと思います。ただ痔というのは、日本人の3人に1人の割合で罹患していると言われるほど、身近に起きやすい病気でもあるのです。また痔とよく似た症状が起きるとされているのが、直腸がんや肛門がんというのもあり、これらとの鑑別も必要です。がんは早期発見、早期治療が重要ですから、万一を予防するためにも肛門周囲に違和感を覚えたら、一度当クリニックをご受診されるようにしてください。

肛門外科でよく扱う代表的な疾患

いぼ痔(内痔核、外痔核)、裂肛(切れ痔)、あな痔(痔瘻)、肛門周囲膿瘍、肛門小窩炎、肛門ポリープ、肛門狭窄、肛門湿疹、括約筋不全、直腸粘膜脱、直腸脱、直腸膣壁弛緩、肛門皮垂 など

痔核(いぼ痔)

痔核とは一般的にはいぼ痔と呼ばれているもので、痔の中でも最も患者数が多いとされている疾患です。これは主に肛門近くの血液の流れが滞ることで鬱血がみられ、それによって(静脈が)こぶ状に膨らんでしまっている状態を痔核と言います。なお痔核は、この膨らみができる場所によって内痔核と外痔核に分類されます。

内痔核とは

内痔核は、歯状線(直腸と肛門の境目)と呼ばれる部位の内側に発生した痔核のことで、便秘やトイレに長い時間を要する、あるいは排便時にいきむもしくは、長時間同じ姿勢でいるといったことが原因で起きると言われています。ちなみに女性の場合は、妊娠や出産をきっかけに発症することもあります。

主な症状ですが、発症して間もなくは痛みなどの症状は現れず、排便時に出血が見られる程度です。次第に痔核が大きくなると内痔核が肛門から脱出するようになります。ただ飛び出たとしても指で押し込むなどすることで、再び肛門内に収まっていきますが、さらに症状が進行するなどして、大きくなると指で押しても元には戻らず脱出したままとなります。このような状態になると痛みが伴うほか、残便感もみられるようになります。

外痔核とは

一方の外痔核は、歯状線より外側に発生した痔核を言います。見た目は血まめのような状態です。発症の原因としては、便秘や下痢、重いものを持つ、アルコールや辛いものの過剰摂取、身体の冷えなどが挙げられています。主な症状ですが、腫れや激痛がみられますが、出血については少ないと言われますが、皮膚が破れるとみられるようになります。

治療について

内痔核と外痔核で治療内容は異なります。内痔核では、大きく保存療法と手術療法に分けられますが、その中間にあたる硬化療法や結紮療法が行われることもあります。なお、どの治療法が適用されるかは、症状の進行度合いによって決められます(ゴリガー分類)。なお治療の対象となるのは「Ⅱ度」以上になります。

内痔核の分類(「ゴリガー分類」による)

  • Ⅰ度:肛門管内でわずかに膨らんでいる程度の痔核
  • Ⅱ度:排便時に肛門外に脱出するものの、排便が済めば自然に戻る程度の痔核
  • Ⅲ度:排便時に脱出し、指で押し込まないと戻らない痔核
  • Ⅳ度:常時、肛門外に脱出している状態の痔核

保存療法では、排便習慣の改善(便秘の改善、排便時の長時間のいきみを避ける 等)を中心に症状があれば、注入軟膏や坐薬などを用います。なお当クリニックでは日帰り手術療法として、結紮切除法と硬化療法の中のジオン注射硬化療法(ALTA)、他状況に合わせ適切な治療を行なっています。

外痔核の治療に関しては、患部を温める、薬物療法(軟膏や坐薬 等)を行うなどして痛みや腫れを改善させるようにします。それでも改善が困難(血栓が大きい など)という場合は、血栓摘出を行うことがあります。

裂肛(切れ痔)

便秘の症状がよく起きる方に発症しやすいとされ、硬い便を無理にいきむなどして出そうとする際に肛門上皮が切れる、あるいは裂けてしまっている状態を裂肛と言い、一般的には切れ痔と呼ばれています。なお、慢性的な下痢がある方もそれによる炎症で、同様の症状がみられることもあります。

なお裂肛は主に急性裂肛と慢性裂肛の2種類に分けられます。急性の場合は、排便時に出血や激しい痛みが出ますがそれでも傷自体は浅いので、数日で症状は治まっていくようになります。一方の慢性は、裂肛の繰り返しによって裂け目が広がっている状態で、それによって炎症や潰瘍、ポリープなどができてしまうことで肛門が狭窄することがあるので要注意です。

治療については、痛みなどがある場合に座薬や軟膏を使用するほか、便秘や下痢になりにくくするための排便習慣の改善などを行っていきます。また、慢性裂肛による肛門狭窄の症状がある、肛門括約筋の過度の緊張が裂肛の原因となっているという場合は、手術療法が行われます。

痔瘻(あな痔)

肛門周囲膿瘍(歯状線のくぼみから大腸菌などに感染、それによって炎症を起こし、やがて化膿して膿がたまる状態)を発症し、これを繰り返すことで、膿を排出するような瘻管(トンネルのようなもの)ができてしまっている状態のことを痔瘻と言い、一般的にはあな痔と呼ばれています。

なお瘻管が形成されてしまうと、下着は膿で汚れ、その周辺はベタベタするようになります。またこの瘻管が塞がると膿は排出できなくなって、痛みや腫れといった症状が現れて発熱を伴うこともありますが、膿が排出されると症状は解消されるようになります。ちなみに発症の原因としては、下痢やストレスなどをきっかけとした免疫力の低下といったことが言われています。

治療は手術療法が基本です。同疾患の手術療法は主に3種類ありますが、いずれにしても瘻管を切開、あるいはくり抜いていく手法となります。

王子こうもん胃腸クリニック

院長

金井 慎一郎

診療科目

肛門外科・消化器内科

電話

03-3914-7333

所在地

〒114-0002
東京都北区王子1-10-17
ヒューリック王子ビル 4F

最寄駅

JR京浜東北線、東京メトロ南北線、都電荒川線
王子駅より徒歩1分

診療時間

日祝
9:30~12:00
15:30~18:00

休診日:木曜・日曜・祝日